ワイン勉強中♪先生は元ソムリエ

ワインが好きになり勉強始めました。それも偶然出会った元ソムリエの先生の影響。勉強記録、ワインバーの紹介、ワイングッズなどなどワイン日記。

東京 ワイン食堂 旅する子ブタ 東京グランルーフフロント店

 

またもやお一人様です。
とりあえずランチやってるところは行ってみようかと。

ボスと前から気になっていたお店。
東京駅でアクセスもいいしね。

土曜日のお昼に行ってみました。
場所は前から知ってるので安心です。

 

ワイン食堂 旅する子ブタ 東京 グランルーフフロント店 - 東京/フレンチ [食べログ] さんです。


一番乗りでした。
テーブル席に。

 

f:id:kaita666:20200806093159j:plain


ランチメニューが。
豚が食べたかったので最高級イベリコ豚のステーキ トマトとバジルのソースを。

そして気分的に飲みたかったので
ジヴィエールグリエ(メルロー)を。

 

f:id:kaita666:20200806093156j:plain


ソース的にメルローじゃないよな…
とちょっと思ったけど頼んじゃった。

自分、マリアージュとかより単発で欲望に負ける。。
ボスならもう一つワイン頼め!っていうんだろうが…


そうしてるうちに他のお客様も。
ちょっと近めの席に案内。
人いないしもう少し距離あってもいいんじゃないかな?


ワインとスープ登場。スープはランチで付いてきました。

 

f:id:kaita666:20200806093204j:plain

f:id:kaita666:20200806093207j:plain


しばらくしてお肉登場。
イベリコ豚、おいしかったです♪

f:id:kaita666:20200806093211j:plain


外はちょっぴりカリッと。程よい柔らかさと甘みと脂身。パクパクたべれます。

ワインと合わせてみたら…やっぱりちょっと違ったw
確実に自分が悪いんですw

最後にちょっとした心遣いもうれしかったです。

f:id:kaita666:20200806093214j:plain

 

気になった点は仕入れたものが見えてたことぐらいですかね~
次ぎ行ったら片付いてるかもですが。

もう一回行ってみたいお店です。

 

 

ワイン食堂 旅する子ブタ 東京 グランルーフフロント店フレンチ / 東京駅京橋駅宝町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

オッペンハイマー クレーテンブルンネン カビネット 2018

 
 
一人飲みのハシゴです。
これもたまにやると楽しい♪
もちろんボスと飲んだ方が楽しいんだがw
 
この前飲みに行こう!誘って断られた。
さびしい~とか言ったらそんなこというんじゃねぇ!とマジ激怒された(^_^;)
 
まぁゆっくりワイン調べたりするには一人のほうがいいよねぇ~
 

f:id:kaita666:20200803083509j:plain

 

オッペンハイマー クレーテンブルンネン カビネット 2018

Oppenheimer Krotenbrunnen Kabinett [2018]

 

感想

黄色
甘めで口に入れると甘さがツンとくる。
でもスッと消えてあと味すっきり。
モモ、青りんご。
飲みやすい。
安いというのもうれしいw

一緒に食べたトウモロコシのムースに合った。

 
 
 
 
 トリッテンハイム村で200年以上の歴史を誇る、家族経営のワイナリー。
1945年、ヨハン&ピーター・シュテッフェン兄弟によりワインビジネスが拡大し、今日のシュテッフェンの礎を築きました。彼らの改革は、更に高い品質を目指すことこと、コストパフォーマンスを追求することでした。伝統に支えられたワイン造りで、今日世界で良質なワインを産み出す出す家族経営の蔵として認知されています。
 
 

ドイツのQmPワインと呼ばれる高級ワイン認められた6つある肩書きの一つで、一番下にランクされている。

醸造の際に、糖分を補うことが許されず、アルコール度数が低く、比較的軽い味わいのものが多い。

 
 
 
シルヴァーナー(80%)、ミュラー・トゥルガウ(20%)
 
シルヴァーナ
 主にアルザスとドイツで栽培されている白ワイン用ブドウ。
リースリングと合わせてデザートワインになることも。
 
 
 貝類、鶏肉、スパイシーフード、赤身魚、マイルドで軟質なチーズ
 
 
オッペンハイマー クレーテンブルンネン カビネット 2018
 
ドイツ ラインヘッセ
生産者 ゲブリューダー・シュテッフェン
アルコール度数:10.5%
色: 3
香:3
味:4
総合:3.8
 
 
 
 
 

カラフリア トルマレスカ 2019

 
 
さらに1人飲みでエノテカに行ったときに飲んだワイン。
 
赤の気分ではなかったのでロゼワインに。
ロゼってあんまり飲まないんですけどおいしかったです。 
 
  

f:id:kaita666:20200802162221j:plain

 

カラフリア

CALAFURIA

 

感想

 
 
ちょっぴりチェリーの香り。
薄いオレンジ、ピンク色。
酸味があってまだ若いなぁ~と思わせる感じがあるけど
それはそれでおいしい♪
梅のようなオレンジのようなお味。 
フルーティーだけどさっぱりもしている。
苦味も最後に少し。
 
田舎風パテと一緒に飲んだが合っていた♪
 
 
 
 
イタリア、トスカーナの名門アンティノリが、プーリアの地に設立したワイナリー、トルマレスカ。高品質なワインを次々と生み出すトルマレスカが造る、世界から称賛されたロゼワインです。これからの暑い季節にもぴったりな軽快な飲み心地で、世界のベスト・ロゼ15にも選出された実力を2,000円台で味わえるのも魅力です。
 
 
南イタリア、プーリア州のトップワイナリー、トルマレスカ

カラフリアを手掛けるのは、プーリア州のトップ生産者であるトルマレスカ。イタリアきっての名門アンティノリが1998年から手掛けているワイナリーです。アンティノリはこの地でしか栽培されていない郷土色豊かなブドウ品種の可能性を見出し、高品質なワインを次々と生み出すことで、質より量というイメージであったプーリア産ワインのイメージを塗り替えました。1999年にイタリア国内の限定した市場に向けてスタートしましたが、いまではワインスペクテーター誌でも「注目すべきワイナリー」として取り上げられるなど、世界で好評を得て着々と市場を拡大しています。

 

 
ネグロアマーロ
色合いのとても濃いワインを生み出すことができる。ネグロアマーロから作られたワインの傾向としては、とても素朴な性格をもち、芳香と組み合わさった土っぽい苦味がある。
 
 魚介のカルパッチョアクアパッツァ、ブイヤベースにあう。
 
 

カラフリア トルマレスカ 2019

イタリア プーリア
生産者 トルマレスカ
アルコール度数:12.0%
色: 3
香:4
味:4
総合:3.7